わたしログ

ただただ日常を書き留める

イタリア旅行 フィレンツェ編

「イタリア 旅行」で検索をかけて、このブログを見てくださっている方も多いみたいです。ただの旅行記であり、有益な情報はほぼありませんが、旅行計画の参考にしていただけたら幸いです。

今回はフィレンツェ

f:id:norsy:20150309230547j:plain
街全体が世界遺産というだけあり、上から見下ろす町並みは圧巻でした!
ベネチアと比べると、圧倒的に人が多く、車が多い。急にスリを身近に感じたりしたのでした。フィレンツェの街並みは、歩いてまわるのもいいですが、やはり上から見下ろすのが一番。歩きやすい靴は必需品です。工房も多く、皮製品なども安く手に入ります。
また、ミラノやピサにもほど近いので、フィレンツェから他の観光都市へアクセスするのもおすすめです。

にほんブログ村 写真ブログへ

 

15:00すぎに、フィレンツェに到着。人通りと車通りの多さに驚かされました。ホテルを探して彷徨い歩きました。駅の近くにはホテルがとても多く、道はガタガタした石畳であるため、細かい位置を把握していないと大きな荷物を抱えたまま右往左往することがありますのでご注意を。(場所を大まかにしか把握していないなんて私くらいでしょうが)

 

[Hotel Basilea]
フィレンツェSMN駅から徒歩10分の好立地。近くには中央市場、地元スーパー、99セントショップなどがあり便利です。
あまり治安はよくなさそうな雰囲気はありますが、ホテルは比較的綺麗で、wifiも使えます。HISがおさえるホテルなのか、日本人観光客が多い印象です。

フィレンツェ1日目

ホテルについてwifiの設定がうまくいかなかったりと、いろいろ手こずってホテルを出たのは17:00前。曇っていたため写真があまりうまく撮れず。

 

f:id:norsy:20150309225046j:plain f:id:norsy:20150309225208j:plain

ちらりと見える、ドゥオモ
このあとドゥオモ近くで人が倒れたようで、救急車が来て、ドゥオモに近寄れない雰囲気に。また別の日にゆっくりみようということで、さらりと流す。

 

f:id:norsy:20150309230133j:plain f:id:norsy:20150309230202j:plain
日が暮れてきたシニョリーア広場とウッフィツィ広場
彫刻の細かさや、街並みの統一感に感激。ヴェッキオ宮殿は入り口すぐの部分だけ観ることが出来、壁に描かれた絵の綺麗さに「ほぉ~」しか感想が言えず。

 

f:id:norsy:20150309231348j:plain f:id:norsy:20150309231402j:plain

ヴェッキオ橋は、夜なのに人がいっぱい。土曜の夜だからなのか、橋の上のお土産屋には人がごった返していました。日曜日はお休みのお店が多いみたい。
ヴェッキオ橋の上から見える夜景(右)は、写真じゃ表現しきれないほどの美しさ。隣のカップルが愛をささやき合っているのも、寛大な心で許せる。

 

現在地を確認しないまま歩き続けると、大きな建物にぶち当たる。

f:id:norsy:20150309232126j:plain
どうやら、ピッティ広場に出たらしい。綺麗な建物をしばし眺め、空いているドアの隙間から少し中を盗み見て、もちろん閉館時間を過ぎているため入るのは諦める。

行こうと思っていたレストランが閉まっていたため、近くにあったピザ屋さんでご飯を食べることになった。家庭料理が食べられると思ったのに、残念。

 

フィレンツェ2日目

フィレンツェの朝ごはんはホテルで。全てセルフサービスで、クッキーや甘い菓子パン、クロワッサン、コーンフレーク、ヨーグルト等すべておかわりできました。カフェラテやチョコレートドリンクを飲みましたが、一番おいしかったのはミルクラテでした。コーヒーで荒れていた胃に優しい!

 

f:id:norsy:20150309233129j:plain f:id:norsy:20150309233152j:plain

朝から、鈍行の電車に乗り込む。イタリアの電車は、行き先を駅名で検索できるのでとても便利!路線表見るのは難しいため、目的地の駅をピコピコ入力していきます。
席はボックス席(向かい合わせの席)になっています。向かいにドイツ人の女性とフランス人の女性が乗って、目的地へと向かいます。

目指したのは…ピサの斜塔

f:id:norsy:20150309234856j:plain f:id:norsy:20150310001152j:plain
想像以上の傾き!写真を撮るとそうでもないように見えるのですが、ものすごく傾いてました。根本の傾きすごい!!定番の写真も撮ってみたり…
ピサの斜塔を足で止めている写真を撮りたくて、同行者がいろいろ移動しながらとってくれました。

 

ピサの斜塔を思う存分堪能したあと、イケメン店員さんのいるバールへ。わたしはカルボナーラを、同行者はラザニアをチョイス。二人でシェアしながら美味しくいただきました。食後はカフェラテ(同行者はエスプレッソ)でのんびり。
フィレンツェにもどる電車がまさかの20分遅れ。その間に、駅のホームが2度変わる。他のお客さんはどこ吹く風で、改札を一度出てコーヒーを持って戻ってきたり…この寛大さ、わたしも欲しい。


帰り着いたらもう夕刻
どうしても行きたいところがあったため、急いでフィレンツェの街並みを歩く。

f:id:norsy:20150309230547j:plain
ミケランジェロ広場から見下ろすフィレンツェの街並み
日が沈む前が一番絶景だと聞いて、必死に坂道を上がりました。やはり、観光客がいっぱい!ドゥオモに登るのもいいけれど、ミケランジェロ広場は川も挟んだ街並みが堪能できるため、写真を撮りたい人にとてもおすすめ!
階段を上がるよりも、足への負担も少ないです。

f:id:norsy:20150310020428j:plain f:id:norsy:20150310020446j:plain
川沿いを散策しながら帰りました。どうやら日曜日は食堂などは空いていないようだったので、地元のスーパーでチーズやワイン、サラダなんかを買いこみ、ホテルで晩餐を楽しみました。

 

フィレンツェ 3日目

朝から中央市場に向かいました。ドライフルーツやチーズ、お肉など、さまざまな食品が売られていて、見ているだけで楽しい!朝早めだったため、活気があってわくわくしました。「写真を撮っていい?」って聞くと、ポーズを撮ってくださる方が多くて、嬉しかったです。が、中央市場内が少し暗いのもあり、写真がぶれていたのが悔しい!

f:id:norsy:20150310013610j:plain

f:id:norsy:20150310013622j:plain

f:id:norsy:20150310013741j:plain

トリュフと書かれた紙に、日本人観光客が多いことがうかがえる。

 

今日はドゥオモに登ろうと思っていたため、ドゥオモが開館してすぐに訪れたのですが、団体のお客さんが並んでおり、なんと3時間待ち!3時間はさすがに並んでいられないということで、ドゥオモとジオットの鐘楼は諦めました。

f:id:norsy:20150310020030j:plain f:id:norsy:20150310020106j:plain
広角レンズじゃなかったからか、わたしの技術の問題か、ドゥオモとジオット鐘楼が一緒にうつってくれませんでした。

 

中央市場でちょこちょこっとつまんだため、お昼は食べずにドルチェを頂きました。

f:id:norsy:20150310014135j:plain
念願のティラミス!エスプレッソが効いていて、ほろにが美味でした。
同行者の苺パフェ?は、ジェラートを上に乗せてて、わたしも乗せればよかったかなと少し後悔…

ちょこっとだけ、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局をのぞいてみる。お客さん多くて、
商品名が読めなくて、時間内に商品が購入できず後ろ髪引かれる思いで薬局を離れました。駅で荷物を受け取って、ローマへ向かう電車へ。



次回、ローマ編の予定ですが、今月のファイル使用量がもう80%なので、写真がアップできないかもしれない疑惑が…
写真を追加するためには有料にしなくちゃならないのかしら。どうやって写真を載せるか、考えなくては。

広告を非表示にする